受託者と受益者を同一人物にすることは可能? | 民事信託・家族信託のトータルサポート | ミヤシタ相談所

信託Q&A

受託者と受益者を同一人物にすることは可能?

可能ではありますが、信託が終了してしまうこともありますので注意が必要です。

 

家族信託(民事信託)では、信託法においてその終了事由が定められています。

そして、その終了事由の一つに「受託者が受益権の全部を固有財産で有する状態が1年間継続した時」というものがあります。
これは、受託者が受益権の全部を有することを指し、「受託者=受益者」という状態を言います。

ここで簡単におさらいですが、信託には基本的に「委託者」「受託者」「受益者」の3者が登場します。

委託者:所有財産を信託する者
受託者:信託目的に従って受益者のために信託財産を管理・処分する者
受益者:信託財産の利益を享受する者

 

受益者は、信託財産から給付を受ける権利を有していますが、それと同時に受託者の信託事務を監督するという役目も負っています。
受託者=受益者の状態だと、受益者による監督機能は望めず、受託者の忠実義務等の形骸化の恐れもあります。

そこで、信託法では、家族信託において受託者=受益者の状態が1年間継続すると信託が終了する旨規定されています。
では、どのような場合が当該終了事由に該当するかいくつかパターンを見てみましょう。

〇=該当 ×=非該当

受託者 受益者 終了事由に該当
A A
A AとB ×
AとB A
AとB AとB ×

 

                      

受託者のうちの1人が、100%受益権を有する場合には、「受託者が受益権の全部を固有財産で有する状態」に該当してしまうということですね。
なお、この「一年間」という期間は信託行為において短縮することはできますが伸長することはできないと解されています。

 

 

対応エリア
対応エリア
  • 東京都
    町田市、八王子市、多摩市、稲城市、立川市、府中市、狛江市、調布市、日野市、昭島市、福生市、武蔵村山市、青梅市、あきる野市、羽村市、三鷹市、武蔵野市、西東京市、国立市、国分寺市、小金井市、小平市、東大和市、東久留米市、東村山市、その他23区全域
  • 神奈川県
    相模原市(緑区、中央区、南区)、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、横浜市、川崎市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町
  • その他関東近郊(山梨県、埼玉県、千葉県 他)