信託財産に不動産がある場合は信託登記をしないとダメですか? | 民事信託・家族信託のトータルサポート | ミヤシタ相談所

信託Q&A

信託財産に不動産がある場合は信託登記をしないとダメですか?

家族信託(民事信託)において、信託財産に不動産がある場合には信託登記を必ず行う必要があります。

 

家族信託・民事信託における受託者は「分別管理義務」を負っています。

これは、“受託者は自分の所有する「固有財産」と「信託財産」がわかるように管理してね”という義務です(信託法34条)。
財産の種類によってその管理方法は異なりますが、不動産の場合には「登記(信託登記)」をすることでそれを可能としています。

そして、この信託登記をする義務は免除できない強行規定とされている(信託法342項)ので、信託財産に不動産がある場合には信託登記は必須ということになります。

 

なお、立法担当者においては、信託登記を免除することはできないが一時的な猶予は禁止するものではないと述べています。
その一例としては「受託者の経済的な困窮による信託登記の一時的猶予」が挙げられています。

また、この分別管理義務に受託者が違反した場合には、原則としてそれによって信託財産に生じた損失をてん補しなければいけなくなります(分別管理義務を全うしていたとしても損失等が生じたことを証明すれば当該責任を免れる可能性もあります。)。

いずれにせよ、信託財産に不動産を入れる場合には信託登記が必要になりますので忘れずに行うようにしましょう。
登記の専門家は司法書士ですが、弊所では家族信託に伴う信託登記も多く扱っておりますのでお気軽にご相談ください。

 

対応エリア
対応エリア
  • 東京都
    町田市、八王子市、多摩市、稲城市、立川市、府中市、狛江市、調布市、日野市、昭島市、福生市、武蔵村山市、青梅市、あきる野市、羽村市、三鷹市、武蔵野市、西東京市、国立市、国分寺市、小金井市、小平市、東大和市、東久留米市、東村山市、その他23区全域
  • 神奈川県
    相模原市(緑区、中央区、南区)、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、横浜市、川崎市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町
  • その他関東近郊(山梨県、埼玉県、千葉県 他)