家族信託と遺言の違いは? | 民事信託・家族信託のトータルサポート | ミヤシタ相談所

信託Q&A

家族信託と遺言の違いは?

民事信託(家族信託)遺言書の違いについて、簡単なところを見ていきましょう。

 

まず、遺言では、遺言者は自由に遺言を書き換えることが可能なので、家族会議で決めた内容を遺言書に残しても、遺言者が勝手に遺言内容を変更してしまう可能性があります。

しかし、家族信託の場合には、あくまで契約(委託者と受託者の契約)なので、委託者が勝手に信託の内容を変更することを防ぐことができます。

 

次に、遺言は遺言者の死亡時から効力を生じるものなので、生前の相続対策にはなりません。
しかし、家族信託では、死亡後だけでなく、生前の財産管理に対応できるため、生前の万が一に備えた“想い”を実現できます。

 

また、遺言書では「自分が死亡したら財産をAに相続させる。」ということしか定めることができないので、息子が死亡した後の資産承継(二次相続以降の資産承継)については対応できません。。

一方で、家族信託は、自分の亡くなった後の相続(例えば、自分の財産を引き継いだ子が亡くなった場合のその財産の引継ぎ先など)についても決めることができます。

つまり、「自分の死後は財産をAに承継させる。Aが死亡したらその次はBに承継させる。Bが死亡したら・・・」というように、二次相続以降の資産承継にも家族信託は対応ができます。

この二次相続以降の資産承継で想定されるケースの1つとして”再婚相手との子供はいないが、前妻との子供がいる”が挙げられます。簡単な事例を見てみましょう。

 

 

二次相続以降の資産承継な相談事例

 

Aには前妻Zと離婚をして後妻Yと再婚しました。
前妻Zとの間には子供Xがいますが、後妻Yとの間には子供はいません。

Aは「自分が死亡したら現在の後妻Yに財産を承継させたいが、後妻Yが死亡したら前妻Zの子供Yに相続させたい。しかし、後妻Yが死亡すると後妻Yの相続人(親もしくは兄弟姉妹)に財産が相続されてしまうと聞いた。どうすればよいか?」と悩んでいる。

 

さて、このようなケースでは、遺言書ではなく民事信託(家族信託)をご提案することになります。

なお、すでにお分かりのように、家族信託(民事信託)では、信託行為の中で遺言の機能も持たせることができます。

 

 

まとめ(図)

 

遺言書 家族信託
生前の財産管理・処分等に対応できる? ×
死後の資産承継に対応できる?
内容を本人が勝手に変更してしまう恐れ あり あるが低い
二次相続以降の資産承継先の指定 不可

 

対応エリア
対応エリア
  • 東京都
    町田市、八王子市、多摩市、稲城市、立川市、府中市、狛江市、調布市、日野市、昭島市、福生市、武蔵村山市、青梅市、あきる野市、羽村市、三鷹市、武蔵野市、西東京市、国立市、国分寺市、小金井市、小平市、東大和市、東久留米市、東村山市、その他23区全域
  • 神奈川県
    相模原市(緑区、中央区、南区)、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、横浜市、川崎市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町
  • その他関東近郊(山梨県、埼玉県、千葉県 他)