家族信託における信託目的とは何ですか? | 民事信託・家族信託のトータルサポート | ミヤシタ相談所

信託Q&A

家族信託における信託目的とは何ですか?

家族信託(民事信託)では「一定の目的(信託目的)」を定める必要があります。

この信託目的は、信託行為(信託契約、遺言書)の中で設定するもので、「誰のために、どのような理由で信託を設定するのか」を示し、信託を行う目的を明確にします。

そして、この信託目的は受託者の信託事務遂行の指針となるものなので、受託者はこの信託目的に従って信託事務を行うことになります。

 

家族信託では、受託者が信託財産を管理・処分していきますが、受託者の全く自由に行うことができるわけではなく、信託財産をどのように管理・処分するのかはこの信託目的に従って判断していくことになります(具体的な管理方法や処分方法などは別途定めることが通常です。)。  

信託目的の内容としては、当事者の想いを反映させたものになるため、言うなれば際限のない内容を定めることが可能となります。

 

但し、信託目的の違法性や可能性などが問題になることもあり、その内容が強行法規や公序良俗に違反するような場合は、民法の一般原則に従って、当該信託行為は無効となると考えられています。

また、信託目的が無効事由を含んでいないとしても、何を目的としているのか不明確なものや、単なる願いを記載したものになっているものなど、受託者の行動指針となり得ないような目的は避けるべきであると思います。

信託目的が不明瞭であれば、受託者はどのように信託事務を処理すればいいか判断しかねる事態になり、信託を設定した目的が達成できなくなる可能性も十分に考えられます。

 

信託目的は信託の軸・土台となるものです。
信託目的を定める際には、法的に問題のないように、そして受託者の行動指針となるようにしっかりと定めるようにしましょう。

対応エリア
対応エリア
  • 東京都
    町田市、八王子市、多摩市、稲城市、立川市、府中市、狛江市、調布市、日野市、昭島市、福生市、武蔵村山市、青梅市、あきる野市、羽村市、三鷹市、武蔵野市、西東京市、国立市、国分寺市、小金井市、小平市、東大和市、東久留米市、東村山市、その他23区全域
  • 神奈川県
    相模原市(緑区、中央区、南区)、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、横浜市、川崎市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町
  • その他関東近郊(山梨県、埼玉県、千葉県 他)