受託者の住所変更登記について(信託目録含む) | 民事信託・家族信託のミヤシタ相談所

信託Q&A

受託者の住所変更登記について(信託目録含む)

家族信託(民事信託)では、信託財産に不動産がある場合、信託及び所有権移転登記(委託者から受託者へ)を行う必要があります。

当該登記が完了すると、信託財産である不動産の登記簿(信託目録含む)には受託者の氏名及び住所(法人が受託者の場合には本店所在地と商号)が登記されます。
登記がされる以上、その受託者の住所(又は本店)が引っ越し等で変更した場合には、当該住所変更登記が必要になります。

しかし、信託財産である不動産だからといって、登記の目的も「所有権登記名義人住所変更」となり通常の不動産と特段変わることはありません。

なお、受託者の住所(本店)変更登記にかかる税金(登録免許税)は不動産の数×1000円ですが、これも通常の不動産と同じです。

 

信託目録の受託者の住所変更

 

信託登記を申請した場合には、信託目録にも受託者が登記されるわけですが、上記のように受託者の住所に変更が生じた場合、信託目録の住所変更登記も申請しなければいけないのかということですが、信託目録の受託者欄に関しては変更登記を申請する必要はありません。

登記名義人としての受託者の住所変更登記を申請した場合には、登記官が職権で信託目録の受託者の記載を変更(信託変更登記)することになっています。(不動産登記法101条3号)

 

対応エリア
対応エリア
  • 東京都
    町田市、八王子市、多摩市、稲城市、立川市、府中市、狛江市、調布市、日野市、昭島市、福生市、武蔵村山市、青梅市、あきる野市、羽村市、三鷹市、武蔵野市、西東京市、国立市、国分寺市、小金井市、小平市、東大和市、東久留米市、東村山市、その他23区全域
  • 神奈川県
    相模原市(緑区、中央区、南区)、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、横浜市、川崎市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町
  • その他関東近郊(山梨県、埼玉県、千葉県 他)