受託者の善管注意義務とは? | 民事信託・家族信託のトータルサポート | ミヤシタ相談所

信託Q&A

受託者の善管注意義務とは?

家族信託(民事信託)において、受託者は信託財産を管理・処分する権限を有します。

そして、その信託事務を処理する中で受託者は「善良な管理者の注意義務(善管注意義務)」を負うとされています。

これは信託事務をするに際して「注意を払う」ということではなく、信託事務遂行にあたって行われるべき具体的な行為内容を決定する基準となる概念とされています。

 

善良な管理者の注意は、受託者個人の能力を基準とするのではなく、その受託者の属する職業や地位等を考慮し、その職業や地位等にある者として通常要求される程度の注意能力が基準となるとされています。

つまり、受託者になる者が専門家であれば、その専門家として要求される注意能力が基準となり、専門家でない一般の者であれば、専門家が負うそれよりも軽度の注意能力が基準となるということになります。

この善管注意義務は、受託者が信託事務を処理する中での行動規範としての働きを有するとともに、受託者の行為が義務違反となるかどうかの判断基準となります。

受託者が善管注意義務を怠った場合には、損失てん補責任や原状回復責任を生じさせ、受託者の解任事由としての効果を有するものになり得ます。

 

例えば、信託行為の中で不動産の売却が信託事務処理として定められている場合、不動産鑑定をするか、何社の不動産屋から見積もりを取るか、どの程度価格交渉をするかなど、その具体的行為内容は善管注意義務に照らして決まることになります。

また、善管注意義務によって要求される行為が何かはそれぞれの信託によって異なります。

家族信託(民事信託)は、信託の目的を実現するために行うものです。
そのために要求される善管注意義務に則した信託事務処理の具体的行為内容はなにか。その指針となるものはやはり「信託目的」になります。

なお、信託行為に信託事務処理の具体的行為内容が明示されている場合にはそれによることになりますが、必ずしも明瞭でない場合や、受託者に相当な裁量が与えられているような場合は、とりわけ善管注意義務が働くことになるでしょう。

なお、この善管注意義務は任意規定であるため、信託行為において別段の定めを置くことにより、その義務の加重ないし軽減をすることが認められていますが、その義務を免除することはできないとされています。

 

 

 

※本記事は下記文献を参照しています。
新井誠「信託法」252頁~253頁
道垣内「条解信託法」172頁~175頁
道垣内「信託法 別巻」168頁~169頁
村松 他「概説 信託法」90頁~91頁

対応エリア
対応エリア
  • 東京都
    町田市、八王子市、多摩市、稲城市、立川市、府中市、狛江市、調布市、日野市、昭島市、福生市、武蔵村山市、青梅市、あきる野市、羽村市、三鷹市、武蔵野市、西東京市、国立市、国分寺市、小金井市、小平市、東大和市、東久留米市、東村山市、その他23区全域
  • 神奈川県
    相模原市(緑区、中央区、南区)、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、横浜市、川崎市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町
  • その他関東近郊(山梨県、埼玉県、千葉県 他)